介護保険

 

申請からサービス利用まで


介護保険のサービスを受けられるのは、65歳以上の「第1号被保険者」と、老化などによる特定疾病があり医療保険に加入している40歳から64歳までの「第2号被保険者」です。

特定疾病


介護保険のサービスを利用するには、要支援・要介護認定を受け、要支援1・2または要介護1~5の介護度とされることが必要です。
申請から結果通知までおよそ30日をいただくことになります。サービス利用を急ぐ場合は、地域包括支援センターにご相談ください。

申請から認定までは以下のようになります。


①申請
以下のものを用意し、白鷹町健康福祉課の窓口に申請してください。高齢者本人の生活や身体の状況などお聞きすることがあります。

1.要介護・要支援認定申請書  
(用紙は窓口からお受け取りいただくか、ここからダウンロードpdfしてください)

【記載いただく内容】
本人の住所氏名生年月日、かかりつけの医療機関名と主治医の氏名、過去半年間の入院歴の有無など
2.65歳以上のかたは介護保険被保険者証、40~64歳のかたは医療保険証

*申請は、本人・家族だけでなく、定められた居宅介護支援事業者や介護保険施設、成年後見人などが代理となって行なうこともできます。

2.認定調査
白鷹町の職員や町からの委託を受けた調査員が自宅などを訪問し、全国共通の調査票にもとづき聞き取り調査を行ないます。正しい認定を受けるために、無理をせず現在の健康状態や普段の生活状況を正確に伝えましょう。

認定調査を受けるときのポイント
調査は体調の良いときに
 普段と違う体調では正しい調査ができないことがあります。体調が悪くなった場合などはご連絡ください。
困っていることなど事前にメモしておく
 食事や排泄などで不便なこと、転倒しやすいことやその頻度などをメモしておくと安心です。
家族など近しい人に同席してもらう
 家族など普段の生活を知っている人に同席してもらうことで、より正確に調査することができます。
日常の補装具があれば伝える
 つえなど普段使用している物があればそのことを伝えましょう。


3.主治医の意見書作成
認定調査と平行して、主治医の意見書が作成されます。
(意見書作成の依頼は町から行なうことになりますが、かかりつけの医療機関によっては意見書の用紙を申請者に送付し、受診時に医療機関に提出いただくことをお願いすることもあります。)
かかりつけの医療機関がなく主治医がいないかたは、白鷹町地域包括支援センターにご相談ください。


4.審査・判定
認定調査の結果からコンピューターが「一次判定」を出します。
その後、町内の医師や医療、福祉などの学識経験者により介護認定審査会を開催し、認定調査の特記事項、主治医の意見書を総合的に判断し、要支援や要介護、または非該当などの要介護区分のいずれに該当するかを判定(「二次判定」)します。


5.認定結果通知
審査で決定された認定結果が通知されます。心身の状態により、次のように分けられます。

要介護(1~5) …日常生活全般に介助を要する。数字が大きいほど必要とする介護量が大きいとされる。
介護保険の介護サービス(詳細は「主な介護サービス」をご覧ください)を利用できます。

要支援(1、2) …多少の介助があれば日常生活は自立する。介護予防サービスを利用することで回復が見込まれる。
介護保険の介護予防サービス(詳細は「主な介護サービス」をご覧ください)を利用できます。


非該当 …介助がなくとも日常生活をおくることができる。
介護保険サービスは利用できません。何らかのサービスが必要と認められたかたは、白鷹町の地域支援事業(詳細は 
高齢者支援⇒その他のサービス に)を利用できます。


 

・・・ ・・・ 問い合わせは ・・・ ・・・


白鷹町健康福祉課 地域包括支援センター

〒992-0831
山形県西置賜郡白鷹町大字荒砥甲488
  白鷹町健康福祉センター

電話:0238-86-0112
FAX:0238-86-0115

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・