介護保険

要介護認定を受け、要支援1・2、要介護1~5の介護度を受けたかたは、下記の介護サービスを利用できます。



在宅サービス

外に出て、多くの人と交流をしながら介助や機能訓練を受けたいかたのサービス

通所介護(ディサービス)
【要介護1~5のかた】 
 通所介護施設で、食事・入浴など日常生活の支援や生活行為向上のための支援を日帰りで行ないます。

【要支援1・2のかた】
 通所介護施設で、食事・入浴など日常生活の支援などの「共通目的サービス」を行なうほか、その人の目標に合わせた「選択的サービス」を提供します。


<要支援1・2のかたがディサービスで利用できる選択的サービス>
次のサービスから選択したり組み合わせたりして利用できます。
詳しくはケアマネジャーにお問い合わせください。
(施設によって選択できるサービスが異なる場合があります)
①運動器機能の向上/理学療法士の指導により、ストレッチ・有酸素運動・筋力トレーニング・バランストレーニングなどを行ないます。
②栄養改善/管理栄養士などが、低栄養を予防する食べ方や、食事作り、食材購入の指導、情報提供などを行います。
③口腔機能の向上/歯科衛生士や言語聴覚士が、歯磨きや義歯の手入れの指導、摂食、えん下機能向上の訓練などを行ないます。

上記のサービスを利用されないかたで、グループ活動への参加を希望されるかたは、下記を利用できます。
○生活機能向上グループ活動/生活機能の向上を目的に、週1回以上のグループ活動を行います。



通所リハビリテーション(ディケア)
【要介護1~5のかた】 
老人保健施設や医療機関などで、食事、入浴などの日常生活上の支援や生活行為向上のためのリハビリテーションを日帰りで行ないます。

【要支援1・2のかた】
老人保健施設や医療機関などで、食事などの日常生活の支援や生活行為向上のための支援、リハビリテーションを行なうほか、その人の目的に合わせた選択的サービスを提供します。

<要支援1・2のかたがディケアで利用できる選択的サービス>
次のサービスから選択したり組み合わせたりして利用できます。詳しくはケアマネジャーにお問い合わせください。
①運動器機能の向上/理学療法士の指導により、ストレッチ・有酸素運動・筋力トレーニング・バランストレーニングなどを行ないます。
②栄養改善/管理栄養士などが、低栄養を予防する食べ方や、食事作り、食材購入の指導、情報提供などを行います。
③口腔機能の向上/歯科衛生士や言語聴覚士が、歯磨きや義歯の手入れの指導、摂食、えん下機能向上の訓練などを行ないます。


外泊して気分転換をしたり、介護者が休憩する時間がほしいかたのサービス

ショートスティ(ショートスティ)
【要介護1~5のかた】 
福祉施設や医療施設に短期間入所して、日常生活上の支援や機能訓練などが受けられます。
【要支援1・2のかた】
福祉施設や医療施設に短期間入所して、介護予防を目的とした日常生活上の支援や機能訓練などが受けられます。






自宅にいながら、家事の介助や介護を受けたいかたのためのサービス


訪問介護(ホームヘルプ)
自宅で家事や介護の支援が必要なかたが利用できるサービスです。
対応事業所:白鷹町社会福祉協議会
【要介護1~5のかた】 
ホームヘルパーが居宅を訪問し、入浴、排せつ、食事などの身体介護や調理、洗濯などの生活援助をします。通院などを目的とした乗車介助(介護タクシー)も利用できます。早朝、夜間、深夜などは別途費用が加算されます。
○支援の内容
身体介護
食事や入浴の介助/オムツの交換、排泄の介助/着替えの介助/洗髪や爪きり、身体の清拭/通院や外出の付き添い など
生活援助(高齢者のみ世帯、それに準ずる世帯のみ利用できます)
食事の準備や調理/衣類の洗濯/掃除や整理整頓/生活用品の買い物/薬の受け取り など

【要支援1・2のかた】
利用者が自力では困難な行為について、同居家族の支援や地域の支えあい、支援サービスなどが受けられない場合には、ホームヘルパーによるサービスが提供されます。
○支援の内容
要支援1.2のかたには、身体介護と生活介護の区分はありません。乗車・降車介助は利用できません。

ホームヘルパーに依頼できないことがあります。
訪問介護の家事支援などは、介護を必要とする本人にのみサービスが提供されます。同居する家族の分まで食事を作ったり、洗濯をしたりなどは介護保険サービスに該当しないためホームヘルパーに依頼することはできません。また、本人の生活に直接関係のないような家事、来客へのお茶だし、ペットの世話や庭の草むしりなども依頼することはできません。ご了承ください。


訪問入浴 
【要介護1~5のかた】
介護士と看護師が家庭を訪問し、浴槽を提供して入浴・洗髪・清拭の介助などの入浴介護を行います。
【要支援1・2のかた】
居宅に浴室が無い場合や、感染症などの理由からその他の施設における浴室の利用が困難な場合に限定して利用できます。



自宅でリハビリや医療チェック、健康指導の受けたいかたのためのサービス


訪問リハビリ 
○支援の内容
理学療法士によるマッサージや運動指導による機能訓練、作業療法による手先の訓練などが受けられます。
【要介護1~5のかた】
居宅での生活行為を向上させるために、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士が訪問によるリハビリテーションを行います。
【要支援1・2のかた】
居宅での生活行為を向上させる訓練が必要な場合、理学療法士などが訪問し短期集中リハビリテーションを行います。


訪問看護 
○支援の内容
看護師が訪問し、血圧や脈拍のチェック、食事や入浴、排泄などの介助、床ずれの予防や処置、経管栄養のチューブや尿の管の管理や医療措置、在宅酸素療法に使う機器などの管理などを行ないます。
【要介護1~5のかた】
疾病などを抱えている人に対して、看護師が居宅を訪問して療養上の世話や診療の補助を行います。
【要支援1・2のかた】
疾病などを抱えている人に対して、看護師が居宅を訪問して、介護予防を目的とした療養上の世話や診療の補助を行います。

 

居宅療養管理指導 
○支援の内容
医師や歯科医師による療養上の管理や指導、薬剤師による服薬指導、管理栄養士による特別食の指導、歯科衛生士による口腔管理の指導など、訪問指導が受けられます。
【要介護1~5のかた】
医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが居宅を訪問し、療養上の管理や指導を行います。
【要支援1・2のかた】
医師、歯科医師、薬剤師、管理栄養士などが居宅を訪問し、介護予防などを目的とした療養上の管理や指導を行います。


特定施設入所者生活介護

○支援の内容
有料老人ホームなどで生活をしながら、介護(予防)サービスを受けることができます。
【要介護1~5のかた】
日常生活上の支援や介護を提供します。
【要支援1・2のかた】
介護予防を目的とした日常生活上の支援や介護を提供します。





住宅環境を整備するサービス

福祉用具貸与
日常生活の自立を助ける用具(要支援のかたについては介護予防に役立つと考えられるもの)を貸与します。
○貸与できる福祉用具
【要介護2~5のかた】
手すり・スロープ・歩行器・歩行補助杖・車イス・車イス付属品・特殊寝台・特殊寝台付属品・床ずれ防止用具・体位変換器・認知症老人徘徊感知機器・移動用リフト(つり具除く)
 【要支援1,2/要介護1のかた】
手すり・スロープ・歩行器・歩行補助杖
 介護保険制度により指定を受けた店舗から貸与を受ける場合のみ対象となります。事前に必ずケアマネジャーにご相談ください。

特定福祉用具販売
【要支援1・2、要介護1~5のかた】
入浴や排泄などに使用する福祉用具(要支援のかたについては介護予防に役立つと考えられるもの)の購入を助成します。購入後ケアマネジャーを通じて申請することによりかかった費用の9割を支給します。1年につき10万円を上限とします。
○対象となる福祉用具
腰掛便座・入浴補助用具・特殊尿器・簡易浴槽・移動用リフトのつり具
 介護保険制度により指定を受けた店舗から購入する場合のみ対象となります。事前に必ずケアマネジャーにご相談ください。

住宅改修
手すりの取り付けや段差解消など、高齢者が自宅で生活するために必要な住宅改修をするときに、20万円(保険給付は9割の18万円)を上限に費用を支給します。
【要支援1・2、要介護1~5のかた】
○介護保険でできる住宅改修の例
廊下や段差、浴室やトイレなどへの「手すりの設置」/「段差解消」のためのスロープ設置など/滑り止め防止などのための「床または通路面の材料の変更」/引き戸などへの「扉の取替え」/洋式便器などへの「便器の取替え」
*介護保険の住宅改修では、高齢者の生活に必要と判断される改修が費用支給の対象になります。必要以上と判断された部分については支給できない場合もあります。必ず事前にケアマネジャーにご相談ください。

○住宅改修の手順

①本人だけでなく家族などと話しをしたうえでケアマネジャーなどの専門家に相談し、住宅改修の必要性やその結果が記載されたケアプランを作成してもらい検討します。依頼する建築業者を選定し、工事の見積りをし、納得したうえで決定してください。
②ケアマネジャーを通じて白鷹町健康福祉課介護保険係へ申請します。
提出書類
住宅改修費支給申請書/工事費見積書/住宅改修が必要な理由書/改修部分の写真や図(改修後の予定図がわかるもの)/
提出された書類をもとに一次判定を行います。結果はケアマネジャーを通じて通知されます。
③工事の実施
④住宅改修費の支給申請(工事終了後)
提出書類
住宅改修に要した費用の請求書/工事費内訳書/完成後の状態が確認できるもの(改修前、改修後の日付入りの写真を添付)/
⑤住宅改修費の支給

*住宅改修費支給を利用したいかたは、必ず工事の前に申請し、許可を得てから行なってください。





施設サービス

長期入所
 【要介護1~5のかた】 *要支援1・2のかたは利用できません。
 心身の状態などにより、以下の施設を選んで入所を申請することができます。

○介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
 常時介護が必要で居宅での生活が困難なかたが入所して、日常生活の支援や介護を受けます。

○介護老人保健施設(老人保健施設)
 状態が安定しているかたが在宅生活に戻るために、リハビリテーションを中心とした介護を行います。

○介護療養型医療施設
(療養型病床)
  急性期の治療を終え、長期の療養を必要とするかたのための施設です。


・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・


白鷹町健康福祉課 地域包括支援センター

〒992-0831
山形県西置賜郡白鷹町大字荒砥甲488
  白鷹町健康福祉センター

電話:0238-86-0112
FAX:0238-86-0115

・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・