文化財案内


 本町にある国指定と山形県指定の文化財をご案内します。白鷹町指定文化財も含め建造物、彫刻、工芸技術及び天然記念物など数多くの文化財があります。その一部をご紹介します。

 

観音寺観音堂

国指定文化財

S28.3.31指定

所在地:白鷹町大字深山3315番地の1

 置賜三十三観音中8番の札所。建立は室町後期と推定。

常光寺層塔

県指定文化財

S30.8.31指定

所在地:白鷹町大字鮎貝2413番地 常光寺境内

 享保年間に移築されたといわれ、在銘の層塔では県内最古。

鮎貝八幡宮本殿

県指定文化財

S60.8.16指定

所在地:白鷹町大字鮎貝3303番地

 江戸時代末期の建築。地方棟梁、木彫師の技を知る貴重な作例。

銅造観音菩薩立像

県指定文化財

S62.8.25指定

所在地:白鷹町大字高玉1207番地1

 製作は7~8世紀の白鳳時代と推定。県内で最古の仏像の一つ。

深山和紙

県指定文化財

S53.3.29指定

所在地:白鷹町大字深山621番地

 楮だけを原料に、江戸時代の工程をそのまま受け継ぐ製法で製造。

本場米琉(白鷹板締小絣)

県指定文化財

H19.12.25指定

所在地:白鷹町大字荒砥乙2200

 糸染めは、「板締そそぎ染法」。文様は独特の亀甲、十時及び蚊絣。

薬師ザクラ

県指定文化財

S30.8.1指定

所在地:白鷹町大字高玉字薬師堂3663 薬師堂境内

 樹齢1,200年。町内の樹齢500年を超す8本の古典桜で最も古木。

 

文化財案内に関するお問い合わせ先

教育委員会文化振興係 ℡0238-85-6146