油流出事故を起こさないように注意しましょう!

当町においても、人的ミス、タンクや配管などの老朽化等による油流出事故が発生しています。

 

油流出事故を防ぐための心がけ


その場を離れない・目を離さない

ホームタンクなどから灯油を小分けするときは、絶対にその場を離れないようにしましょう。

ホームタンクからの配管の確認

ホームタンクからの配管を除雪時に破損あるいは配管に屋根等の雪が落下して破損・油流出してしまうことがあります。配管に雪囲いをするなどして、目印を立てておきましょう。

定期点検を怠らない
 
配管やホームタンクの定期点検に努めましょう。
 専門業者等に相談、点検依頼をするなどして油漏れを未然に防止しましょう。


油漏れの早期発見のために、定期的に点検を行いましょう

家の中や周りをチェック
 •家の中や床下で油臭がしないか。
 •トイレや台所、お風呂、その他の排水口で油臭がしないか。
 •家の周り、タンク周辺や配管埋設場所付近で油臭がしないか。など
タンクおよび周辺をチェック
 •タンク自体に油のにじみや漏れはないか。
 •油量計のカバーは割れていないか、ゲージは滑らかに動くか。
 •タンクと灯油配管の接合部ににじみや漏れはないか。
 •タンク下部のストレーナーカップにひび割れが入っていたり、緩んだりしていないか。
 •水抜きバルブにゆるみはないか。
 •配管が分岐している箇所がある場合は、その接合部ににじみや漏れはないか。など
給油履歴をチェック
 •通常の使用量以上に燃料ゲージの減りが早くないか。
 •過去の給油履歴と比べ、急に給油量が増えていないか。など

※油を流出させてしまうと、水路や河川にオイルフェンス(流れた油をせき止めます)やオイル吸着マット(油を吸い取ります)を設置することになります。その費用は原因者が負担しなければなりません。

もし最上川などの大きな川に油が流入してしまったときには、相当な額の費用がかかります。さらに田畑や魚などに被害が及んだ場合、その損害の責任も負うことになります。

 

事故を起こした場合や発見した場合


 町くらし環境係にご連絡いただくとともに消防署・警察署へご連絡ください。

自分できれいに清掃したつもりでも、雨とともに流れ出たり、地面に染みこんだ油が時間の経過とともに水路に出てきたりすることがあります。また、流出した油を水で洗い流すことは被害の拡大につながりますので、絶対にしないでください。

 

 お問い合わせ先 町民課くらし環境係 85-6131(直通)