紅花生産・日本一 日本の紅(あか)をつくる町                    

白鷹町は、県花紅花を原料とする紅餅、すり花、乱花の生産量が全国シェア6割を超える全国随一の生産地です。紅餅、すり花は、本紅や染料の原料になることから、まさに「日本の紅(あか)をつくる町」です。

「日本の紅(あか)をつくる町」をキャッチフレーズとして、紅(あか)色に注目した特徴ある生産品や観光に注目し、更なる磨き上げを行い全国にその名を広めるため、平成2711月に白鷹町「日本の紅(あか)をつくる町」連携推進本部を設置し様々な取り組みをしています。

紅花をはじめとして、米沢牛、馬肉、深山焼の炎、最上川のもみじ鮎、ミニトマトなど様々な紅(あか)色の特産品が生産されています。日本文化に古くから伝わる紅(あか)の魅力を「日本の紅(あか)をつくる町」から全国に発信します。

広報しらたか平成27年8月号特集PDF(半夏一輪咲き、日本の紅をつくる技、日本の紅をつくる人)
広報しらたか平成27年8月号特集

日本の紅(あか)をつくる町」ロゴマークデザインの使用について

 白鷹町は紅花生産量日本一を誇る「日本の紅(あか)をつくる町」であり、広く情報発信をしていく目的から、「日本の(あか)をつくる町」ロゴマークを製作しています。
 ロゴマークは身の回りの様々なものにお使いいただけます。以下の「デザイン使用要綱」をよく読み、皆さんの名刺や印刷物、商品などにお使いください。

●このロゴマークを使用する際には、「デザイン使用申請書」の提出をお願いします。
●申請をいただき、約2~3日でデータにてお渡しいたします。
●ロゴマークの使用料は、無料です。
※提出は、代表者名に押印のうえカラーコピーによる提出でも可能です。

「日本の紅(あか)をつくる町」デザイン使用要綱
「日本の紅(あか)をつくる町」デザイン使用申請書



●お問い合わせ・提出先
  白鷹町産業振興課
 TEL:0238-85-6136
 FAX:0238-85-2128