要介護(要支援)認定を受けていらっしゃる方へ
 税申告用認定書について

 所得税及び町県民税の年末調整や確定申告の際に提出する「障害者控除」及び「特別障害者控除」用の認定書を交付します。

●対象
 昭和31年1月1日以前に生まれた方で、令和2年12月31日現在(令和2年中に亡くなられた方については亡くなられた日現在)要介護又は要支援認定を受けており、障がい程度が一定以上の方。

●認定基準
 主治医意見書又は認定調査票(以下「主治医意見書等」という。)に記載されている「障害高齢者の日常生活自立度(ねたきり度)」及び「認知症高齢者の日常生活自立度」を参考に認定を行い、原則として当該年の12月31日を基準日(その者が死亡した場合は、その死亡の時)とし、認定に係る主治医意見書等は、当該基準日以前の直近の要介護認定に係るものを使用します。
 
① 特別障害者控除に該当する者の基準 
 主治医意見書等における障害高齢者の日常生活自立度がB2以上の者又は認知症高齢者の日常生活自立度がⅢa以上の者 
② 障害者控除に該当する者の基準 
 主治医意見書等における障害高齢者の日常生活自立度がA1~B1までの者又は認知症高齢者の日常生活自立度がⅡa・Ⅱbの者

※申請の際には、障害者控除を受けようとする方の印鑑をお持ちください。
※障害者手帳などで控除を受けられる方は、申請の必要がありません。

申請書:障害者控除対象者認定申請書.pdf


【申請・お問い合わせ】
健康福祉課介護保険係 ☎0238-86-0213