よくある質問

Q1 住宅を取り壊したら土地の固定資産税が高くなった。  

  住宅用地には,課税標準額の軽減措置(小規模住宅用地で6分の1の額,その他の住宅用地で3分の1の額)があります。住宅を取り壊した場合、この土地は非住宅用地となるので、翌年度からこの軽減は適用されなくなります。

Q2 家屋の固定資産税が急に高くなった。 

 新築家屋軽減の適用期間が終了したためと思われます。
 新築家屋については、新築した翌年度から3年間(3階建以上の中高層耐火住宅等については5年間)、120㎡相当分の固定資産税が2分の1に減額されます。詳しくはこちら(新築家屋の軽減について)

Q3 固定資産税の納税通知書が来なくなった。 

 固定資産税には免税点というものがあり、
  課税標準額の納税義務者ごとの合計が  
  土   地:30万円未満                         
  家   屋:20万円未満
     償却資産:150万円未満 の場合は固定資産税はかかりません。

  評価替え等で課税標準額が下がると、免税点未満となり固定資産税がかからなくなることがあります。

Q4 年度途中で土地・家屋の所有者が変わったときの固定資産税について。  

  
 固定資産税は1月1日現在の所有者にかかります。したがって、年度途中で所有者が変わっても、課税台帳上の納税義務者が変わるのは次年度からとなります。

Q5 土地・家屋の所有者を変更するには。  

 法務局(白鷹町の場合は山形地方法務局米沢支局)で登記の手続きを行ってください。
 なお、未登記の家屋に限り、白鷹町役場に『未登記建物所有者異動申請書』を提出いただくことで課税上の所有者を変更することができます。

Q6 固定資産の所有者が死亡した場合の固定資産税について。  

 固定資産税の所有者が死亡した場合は、通常、法務局(白鷹町の場合は山形地方法務局米沢支局)で相続登記の手続きをしていただくことになります。 相続登記が完了した日の翌年から課税台帳上の所有者、納税義務者が変更されます。
 事情により、年内に相続登記が完了しないときは固定資産を現に所有している方に課税されます。この場合は相続人の中から、固定資産税に関する書類などを受け取る代表者を決めて白鷹町役場税務出納課まで届け出てください(要印鑑)。ただし、この手続きは固定資産の納税に限定したものであり、相続登記に影響するものではありません。なお、今年度分の固定資産税については、相続人の方に残りの全額を納付していただくことになります。

※白鷹町内の方が亡くなった場合には、該当する方に届出書等を郵送しております。
※白鷹町外の方については、お手数ですが白鷹町役場税務出納課までご連絡をお願いいたします。

 

 

固定資産税ホームへ戻る