山形県の南部中央に位置する白鷹町は、昭和29年10月、荒砥町・鮎貝村 ・東根村、白鷹村・十王村・蚕桑村の1町5カ村が合併。30年10月に西村山郡朝日町の一部を編入して今に至っています。
 町域の東部は白鷹丘陵、西部は朝日山系、中央を最上川が流れ、豊かな自然に恵まれた町です。県都山形市まで30km、置賜の中核都市である米沢市まで約35kmと国道の整備により圏域の拡大が図られています。最上川沿いには豊かな田園地帯が広がり、米作を中心にりんごやトマト、酪農による生乳生産が行われています。
 また、樹齢500年以上のエドヒガンザクラの古木が多いことから「古典桜の里」として訪れる人も多くなっています。

 

1.地勢
・役場位置  標高 202.8m  東経 140°10′(東)  北緯 38°07′(南)
                 140°00′(西)     38°17′(北)
・町域面積  157.71平方km (県内25位)
・自然  最高峰   1,203m
 最高気温   36.0℃(過去5年で)
 最低気温  -15.7℃(過去5年で)
 降水量   1,484mm(過去5年平均)
 積雪日数  年56日(過去5年平均)
        (通常、道路には雪がなく交通機関には影響なし)
・主な河川  最上川
・交 通  東京より白鷹町荒砥駅まで山形新幹線で3時間06分
 山形へ車で25分
・土 地  可住地面積  53.37平方㎞
 林野率     65.1%
・地目別  宅地 548ha  農用地 2,029ha  山林 10,263ha
 原野 286ha  その他 2,648ha  合計 15,774ha
(土地・地目別:平成22年度国土利用計画)

 

2.町勢
・人口  14,175人(平成27年国勢調査)
・世帯   4,405世帯  
・町財政  一般会計歳入 89億8,900万円 (29年度予算)
 町税収入 11億6,113万円      (29年度予算)