お子さんのインフルエンザ予防接種にかかる費用について一部助成をします!

 
▼町からの助成が該当になる方 接種日において、白鷹町に住所があり、生後6ヵ月~中学3年生のお子さん
   費用助成期間 10月1日から 1月31日まで
   助成回数 6ヵ月~13歳未満 2回 13歳以上 1回
   助成額 1回につき 2,000円    
*生活保護を受給している方は、全額助成になりますので接種前に
健康福祉課にて申請をしてください。印鑑をご持参ください。 
   接種医療機関事前に電話等で医療機関に予約をして接種してください。医療機関で料金を支払う際に、接種費用から助成額を引いた料金が請求されます。 

 

市町 医療機関名 電話番号
白鷹町 白鷹町立病院 85-2155
大森医院 85-3636
多田医院 85-2007
新野医院 85-2263
横沢医院 87-2207
みゆき整形外科クリニック 85-5533
長井市 さとう小児科医院 88-2662
なかさとこどもクリニック 84-8778
吉川記念病院 87-8000
阿達医院 88-2098
池田内科医院 84-7333
梅津医院 88-2078
仁陽堂外田医院 84-2004
外田医院 84-2016
中村循環器科医院 84-8077
松下クリニック 88-2538
はぎの内科医院    88-1789
三上医院 88-3366
飯豊町   飯豊町国民健康保険診療所 72-2300
 飯豊町国民健康保険診療所付属中津川診療所 77‐2330
 さゆり内科歯科クリニック  86‐3056
 小国町  小国町立病院     61-1111 
 田中クリニック     61-0203
川西町 公立置賜総合病院 46-5000
きじまキッズクリニック 54-0135

  
接種当日、本人確認が出来る保険証などをご持参ください。
接種後も、規則正しい生活(食事・休養など)・うがい・手洗いを心がけましょう。 

 

 

 

 
 

 

 ◎ ヒトパピローマウイルス感染症予防(子宮頸がん予防)ワクチンを接種されるかたへ ◎

  
中学1年生から高校1年生までの女子が対象となっている、子宮頸がん予防の定期予防接種ですが、

 平成25年6月14日厚生労働省から通知があり、以下のように変更になりました。


 
★現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはおすすめしません
   (接種を希望されるかたは、接種できます。)

 ★接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で受けてください


  予防接種ワクチンと因果関係が否定できない副作用(副反応)が全国的に報告されており、
    
   副反応について適切な情報提供ができるまでは、積極的な接種のおすすめはしません。

        

 ~お子さんの定期予防接種について~

○定期予防接種の種類と標準的な接種年齢

 予防接種には、法律で接種する時期や種類が定められている定期予防接種とそれ以外の任意予防接種があります。
 定期予防接種は保護者の方が接種するよう努めなければならない予防接種です。お子さんを感染症から守るために接種しましょう。

 


平成30年度 白鷹町乳幼児等定期予防接種

 

 

種別

 

対象者

 

接種間隔等

 

四種混合

(百日咳ジフテリア
 破傷風ポリオ)

生後3月から90月に至るまでの間の者

 

1期初回:20日以上(標準:20日~56日)の間隔をおいて3

1期追加:3回目終了後、6ヵ月以上(標準:12ヵ月~18ヵ月)あけて1

      三種混合

(百日咳ジフテリア
 破傷風)

 生後3月から90月に至るまでの間の者  1期初回:20日以上(標準:20日~56日)の間隔をおいて3

1期追加:3回目終了後、6ヵ月以上(標準:12ヵ月~18ヵ月)あけて1

二種混合

(ジフテリア破傷風)

 

11歳以上13歳未満

(小学6年生)

 

1

 

 

不活化ポリオ

 

生後3月から90月に至るまでの間の者

 

1期初回:20日以上の間隔をおいて3

1期追加:3回目終了後、6ヵ月以上(標準:12ヵ月~18ヵ月)あけて1

*生ポリオワクチン1回接種したものは、初回2回、追加1回(全3回)

  

麻しん・風しん

 

1:生後12月から24月に至るまでの間の者(1歳)

 

2:5歳以上7歳未満の者で小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期に達する日の前日までの間の者(保育園年長児)

 

1期:1回

2期:1回

 

 

 

 

 

水痘

 

生後12月から生後36月に至るまでの間の者(12歳)

 

3ヵ月以上、標準的には6ヵ月~12ヵ月の間隔をおいて2回

 

 

日本脳炎

 

1期:6月から生後90月に至るまでの間の者

(初回3歳児、追加4歳児)

2期:9歳以上13歳未満の者H21年度生の9歳児、H12年度生18歳になる者)



*平成17年の積極的接種勧奨の差し控えにより、予防接種を受ける機会を逸した者(H10年4月2日生~H19年4月1日生の者)については20歳未満の者

1期初回:6日以上(標準:6日~28日)の間隔をおいて2回

1期追加:2回目から6ヵ月以上(標準:おおむね1年)あけて1回

 

 

2期:1回(1期終了後、おおむね5年の間隔をおいて接種することが望ましい。)

 *平成17~21年度にかけての積極的接種勧奨の差し控えにより、
予防接種を
受ける機会を逸した者(平成10年42日生~平成1941日生の者)は、20歳未満(20歳の誕生日の前日)まで不足分を接種することが可能。
 ※ケースにより接種間隔等が異なる場合があるため、詳細は健康福祉課健康推進係までお問い合わせください。

 

 *平成1942日生~平成21101日生の者で、1期終了していない者は、76ヵ月まで、もしくは9歳以上13歳未満の期間に残りの接種を行う。

 

BCG

 

生後12月に至るまでの者

(標準:5月~8月に至るまで)

 

1回

 

 

 

 

ヒトパピローマウイルス
感染症

*積極的な接種勧奨は差し控えています。(H30年4月現在)

 

 

小学6年生から高校1年生相当までの間にある女性

(中学1年女子)

 

サーバリックス(2価)1回目を0月として、2回目は1か月後、3回目は1回目から6ヵ月後 

*やむを得ず接種間隔変更が必要な場合・・1ヵ月以上の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2ヵ月半以上の間隔をおいて1回接種

ガーダシル(4価)1回目を0月として、2回目は2か月後、3回目は1回目から 6ヵ月後 *やむを得ず接種間隔変更が必要な場合・・・1カ月以上の間隔をおいて2回接種後、2回目の接種から3ヵ月以上の間隔をおいて1回接種 

注:3回とも同じ種類のワクチンを接種すること

 

ヒブ感染症

 

生後2月から60月に至るまでの間の者

 

2ヵ月~7ヵ月に至るまでに開始した場合

初回:27日(医師が認めた場合には20日)以上(標準:20日~56日)の間隔をあけて3

追加:初回終了後、7ヵ月以上(標準:7ヵ月~13ヵ月)の間隔をおいて1

*ただし、2回目及び3回目は12ヵ月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わない。追加接種は初回接種終了後、27日(医師が認めた場合には20日)以上の間隔をおいて1回接種する。


7ヵ月~12ヵ月に至るまでに開始した場合

初回:27日(医師が認めた場合には20日)以上(標準:20日~56日)の間隔をあけて2回

追加:初回終了後、7ヵ月以上(標準:7ヵ月~13ヵ月)の間隔をおいて1

*ただし、2回目は12ヵ月に至るまでに行うこととし、それを超えた場合は行わない。追加接種は初回接種終了後、27日(医師が認めた場合には20日)以上の間隔をおいて1回接種する。


12ヵ月以上に開始した場合

1

 

 

小児用肺炎球菌感染症

 

生後2月から60月に至るまでの間の者

 

2ヵ月~7ヵ月に至るまでに開始した場合

初回:12ヵ月までに27日以上の間隔をあけて3

追加:初回終了後、60日以上の間隔をおいて、かつ生後12ヵ月~15ヵ月に至るまでの間を標準として1

*ただし、2回目、3回目は生後24ヵ月に至るまでに行うこととし、超えた場合は行わないこと。また2回目の接種は生後12ヵ月に至るまでに行うこととし、超えた場合には3回目は行わないこと。追加接種は可能である。

 

7ヵ月~12ヵ月に至るまでに開始した場合

初回:12ヵ月までに27日以上の間隔をあけて2回

追加:初回終了後、60日以上の間隔をおいて、かつ生後12ヵ月以降に1

*ただし、2回目は生後24ヵ月に至るまでに行うこととし、超えた場合は行わないこと。追加接種は可能である。

 

12ヵ月~24ヵ月に至るまでに開始した場合

60日以上の間隔で2回

 

24ヵ月以上に開始した場合

1

 

 B型肝炎

 生後12月に至るまでの者
(標準:生後2月に至った時から生後9月に至るまでの期間)
 27日以上の間隔をあけて2回
1回目から139日(20週)以上あけて1回

   

           ☆    ・・・個人通知にて接種勧奨   

           ★「至るまで」、「未満」・・・その日の前日まで     

           例)2歳に至るまで⇒2歳の誕生日の前日まで


 ●日本脳炎予防接種のお知らせ●

   平成17年5月から積極的な接種のお勧めを控えていた日本脳炎予防接種が、平成22年4月より乾燥
   細胞培養日本脳炎ワクチン(新ワクチン)による接種が可能になりました。
        この接種差し控えの影響で1期、2期接種が行われていない可能性のある平成7年4月1日から
   平成19年4月1日生まれ
の方は、20歳までに接種することができるようになりました。
 
    ★平成30年度は、以下の方に接種を特におすすめしています。
    ・1期初回(2回接種)  ・・・  3歳になる方
    ・1期追加(1回接種)・・・  4歳になる方
    ・2期  (1回接種)・・・  9歳になる方(平成21年度生まれ)
    ・2期  (1回接種)・・・18歳になる方(平成12年度生まれ)

     

   接種方法についてや予診票がない場合等には担当までご連絡ください。

    担当:健康福祉課健康推進係 ℡86-0210