町の紹介 
 ■白鷹町の概要

 白鷹町は、昭和29年10月、荒砥町・鮎貝村 ・東根村、白鷹村・十王村・蚕桑村の1町5カ村が合併してできました。30年10月に西村山郡朝日町の一部を編入して現在に至っています。
 町域の東部は白鷹丘陵、西部は朝日山系、中央を最上川が流れ、豊かな自然に恵まれた町です。県都山形市まで30m、置賜の中核都市である米沢市まで約35kmと国道の整備により圏域の拡大が図られています。最上川沿いには豊かな田園地帯が広がり、米作を中心にりんごやトマト、酪農による生乳生産が行われています。
 また、樹齢500年以上のエドヒガン桜の古木が多いことから「古典桜の里」として桜の咲く時期(4月下旬~5月上旬)には多くのかたが訪れています。

 

■町の花・木・鳥・魚

町の花・・・こぶし(昭和47年8月1日制定)

町の木・・・エドヒガン桜(平成6年9月25日制定)

町の鳥・・・鷹(平成6年9月25日制定) 

町の魚・・・鮎(平成6年9月25日制定)

 

■町章(昭和34年9月28日制定)

白鷹の飛翔しようとする姿を抽象化したもの

■町民憲章(昭和54113日制定)

私たちは、白鷹山と最上川にはぐくまれ、長い歴史と伝統に生きる町民です。誇りと責任をもって郷土の発展につくします。

1 豊かな自然を生かし魅力ある美しい町をつくります

1 仕事にはげみ活力ある産業の町をつくります

1 たがいに助け合い思いやりのある楽しい町をつくります

1 進んで学び健康につとめ文化の町をつくります

1 きまりを守り信頼を深め住みよい町をつくります

 

■町民歌(昭和34928日制定)

作詞 井場 茅/作曲 さいとう 久

(1)幸ありき 遠きわれらの親たちが 励み育てて伝え来し白鷹

  最上の川の水清く 朝日の峯の雪白し 讃えなん 心より

  われらの町の かわらざる美しさを

(2)革たなる 世紀の春は今ここに 息吹き夾に香わしき白鷹

  若鮎のごとはつらつと つとめに今日も勢いたつ 謳わなん 高らかに

  われらの町の 逞しき建設の譜を

(3)限りなき 輝く栄光 胸に抱き 力溢れて歩みゆく白鷹

  心に平和培かいて 大地に自由の径拓く 進まなん 常とわに

  われらの町の はれわたる明日の未来を

■人口と世帯数(平成24年4月1日現在)

人 口 15,536人 世帯数 4,729世帯

人口と世帯数

人口 前月比
総人口 14,126人   -28
 6,944人  -6
7,182人  -22
世帯数  4,709戸 +3

2017年8月1日現在

■産業

 生乳生産量県内一位

■公共施設

公民館施設

 ・中央公民館、蚕桑地区公民館、鮎貝地区公民館、荒砥地区公民館、
  十王地区公民館、
鷹山地区公民館、東根地区公民館

体育施設

 ・白鷹ソフトボール場…ソフトボール

 ・白鷹町営野球場…野球

 ・町民プール…水泳

 ・白鷹町営スキー場(スキーセンター)…スキー、スノーボード

 ・東陽の里グラウンド…サッカーなど

 ・山狭体育館…バスケットボール、バレーボールなど

 ・蚕桑紬パーク…屋内運動場

 ・白鷹スカイパーク…パラグライダー

 ・就業構造改善センター(宿泊可)
 ・白鷹町武道館…柔道・剣道など

文化施設

 ・文化交流センター「あゆーむ」

○宿泊施設

 ・パレス松風

■観光
【観光4シーズン化:春サクラ、夏はベニバナ、秋はアユ、冬は隠れそばの里】

 古典桜

 べにばな(生産量県内一位=日本一位)

 あゆ茶屋

 隠れそば

■まつり

 古典桜の里桜まつり(4月下旬~5月上旬)

 やな開きまつり(4月下旬~5月上旬)

 紅花まつり(7月上旬)
 あゆまつり(9月下旬)

■伝統

 深山和紙

 白鷹紬

 獅子舞

■文化財(国・県指定文化財)

 

名称

所有者

所在地

国指定重要文化財

観音寺観音堂

観 音 寺

深山3315-1

県指定有形文化財

常光寺層塔

常 光 寺

鮎貝2413

鮎貝八幡宮本殿

鮎貝八幡宮

鮎貝3303

銅造観音菩薩立像

円 福 寺

高玉1207-1

県指定無形文化財

深山和紙

深山手漉和紙技術保存会

深山621

米琉(白鷹板締小絣)

本場米琉(白鷹板締小絣)
技術保存会

荒砥乙2200

県指定天然記念物

薬師ザクラ

瑞 龍 院

薬師堂境内

釜ノ越サクラ

蚕桑財産区

高玉4149

子守堂のサクラ

個人

鮎貝3347

赤坂の薬師ザクラ

個人

箕和田1071

殿入ザクラ

個人

浅立4396

八乙女種まきザクラ

八幡神社

荒砥甲1092

後庵ザクラ

個人

鮎貝3324-10
■地域指定等の状況

地域指定等の状況