【生産性向上特別措置法】導入促進基本計画の同意を得ました


 生産性向上特別措置法においては、今後3年間を集中投資期間と位置づけ、中小企業の生産性革命の実現のため、市町村の認定を受けた中小企業の設備投資を支援することとなっております。

 本町でも当該法案における導入促進基本計画を策定し、平成30年6月27日付けで国の同意を得ましたので、認定申請の受付を開始します。


生産性向上特別措置法の概要 



白鷹町の導入促進基本計画 



白鷹町の導入促進基本計画(PDF:158KB)


・労働生産性に関する目標:年率3%以上向上すること

・対象地域:町内全域

・対象業種:全業種

・導入促進基本計画の計画期間:国の同意を得た日から3年間

・先端設備導入計画の計画期間:3年間、4年間、5年間






白鷹町における固定資産税の特例について



固定資産税の特例を受けるためには、「先端設備等導入計画」の申請・認定前までに工業会の証明書の提出が必要となります。


「先端設備等導入計画」の申請・認定前までに工業会の証明書が取得できなかった場合でも、認定後から固定資産税の賦課期日(1月1日)までに工業会証明書を追加提出することで特例を受けることが可能です。



固定資産税の特例率について


白鷹町における本制度による固定資産税の特例率はゼロとなります。



中小企業者・経営革新支援機関向け参考資料 

 先端設備導入計画の認定対象等については、当町の導入促進基本計画のほか、中小企業庁のホームページをご覧ください。

 ■中小企業庁ホームページのリンクはこちら


申請・お問い合わせ先

 白鷹町商工観光課 商工振興係
  TEL:0238-87-0696(直通)
  Email:syoukou@so.town.shirataka.yamagata.jp