背景色
文字サイズ
大きくする
元に戻す

後付け安全運転支援装置設置促進事業費補助金

後付け安全運転支援装置設置促進事業費補助金

高齢運転者によるアクセルとブレーキの踏み間違いが原因とみられる交通事故が社会問題となっております。

これらの事故を未然に防ぐため、普段使用している自動車に後付けの安全運転支援装置を設置する場合の費用に対して補助金を交付します。

※装置を取り付ける前に申請書等の提出が必要です。

補助概要

補助対象者 令和5年3月31日現在で満65歳以上となる町内在住の町民
補助対象自動車 自動車車検証上の使用者が補助対象者である自動車
補助対象装置 国土交通省の性能認定を受けた後付けの急発進等制御装置
取り扱い事業者
事業者名 所在地  電話番号 
 株式会社ホンダ南山形(ホンダカーズ西置賜白鷹店)  十王2461-4  85-2521
 (有)小口自動車整備工場

 鮎貝7481

 85-2367
 (有)白鷹オート  高玉913-1  85-3114
 (有)梅津自動車  荒砥甲720  85-2560
 (有)小嶋自動車整備工場  鮎貝1009  85-3164

補助金額 装置の購入及び設置に要する費用の1/2の額(1,000円未満の端数切捨て)
補助上限額 ○障害物探知機能付き50,000円
○障害物探知機能なし20,000円

申し込み

取り扱い事業者による補助金の手続き代行と代理受領をご利用いただけますので、取り扱い事業者にお問い合わせください。   

補助金申請から交付までの流れ

zu

問合せ

町民課くらし環境係 0238-85-6131

運転免許証を自主返納された65歳以上の方へ

町では、運転する意思がなく自主的に運転免許証を返納された65歳以上の方を対象に支援を行っています。
支援内容等はこちら⇒運転免許証自主返納支援pdf
交付要綱pdf
お問い合わせ先 町民課くらし環境係85-6131(直通)

夜光反射材の着用と早めのヘッドライトの点灯を!

「運転手は自分に気づいているだろう」と思い込んでいませんか?

夕暮れ、夜間は交通事故が多発する時間帯です。
夕暮れ時から夜間にかけての歩行には『夜光反射材』が付いたタスキやリストバンドを身に付けるなど、「目立つこと」「見せること」が重要です。
自分の身を守るため、『夜光反射材』を身に付けましょう。
ご家族の方にもぜひ着用をおすすめください。

ドライバーのみなさんも、夕暮れ時に「早めのヘッドライトの点灯」またハイビームを積極的に活用し、お互いに「見る安全」「見せる安心」を実践して、交通事故防止を図りましょう。

お問い合わせ先 町民課くらし環境係85-6131(直通)

運転中の携帯電話使用等の「ながら運転」厳罰化について

道路交通法の一部改正に伴い、運転中の携帯電話等の使用及び画像表示装置の注視を禁止した罰則等が引き上げられます。

詳しくはこちら ⇒ 「運転中の携帯電話使用等の「ながら運転」厳罰化」PDF

お問い合わせ

町民課くらし環境係・【町民生活相談センター】
ごみ、環境、公害、斎場、犬の登録、生活相談、消費生活、交通安全、防犯に関すること
電話番号:0238-85-6131
メールアドレス:cyoumin@so.town.shirataka.yamagata.jp