背景色
文字サイズ
大きくする
元に戻す

消費生活情報

高齢者の消費トラブルを防ぐための見守りチェックリストを活用して下さい

高齢者の消費者トラブルを防ぐためには、身近にいる家族など周囲の方が日頃から本人の生活や言動、態度などの様子を見守り、変化にいち早く気づくことが重要です。

不審な電話や訪問を受けたときの対応や、どこに相談したら良いかなど、家族間で話し合っておきましょう。

高齢者が一人暮らしの場合であっても、家族や周囲の方が定期的に連絡を取ったり訪問したりすることでトラブルの予防につながります。

高齢者を見守る際のポイントとして、見守りチェックリストをご活用ください。

見守りチェックリストPDF

※不安に思った場合や、トラブルになった場合は早めに相談してください。

消費者ホットライン「188(いやや!)」番 は最寄りの消費生活センターをご案内する全国共通3桁の電話番号です。

町民課くらし環境係 0238-85-6131

【身近な消費生活】トラブルにご注意ください

消費者安全法第38条第1項の規定に基づく注意喚起

フリーマーケットサイトにおける健康食品の偽物の販売に関する注意喚起(R3.7.21)PDF

注意喚起情報

山形県消費生活センターニュース

ケロちゃん通信 5月号PDF 6月号PDF 7月号PDF 8月号PDF 9月号PDF 10月号PDF

国民生活センター見守り新鮮情報

困った時は、町民課くらし環境係85-6131にご相談ください。

お問い合わせ

町民課くらし環境係・【町民生活相談センター】
ごみ、環境、公害、斎場、犬の登録、生活相談、消費生活、交通安全、防犯に関すること
電話番号:0238-85-6131
メールアドレス:cyoumin@so.town.shirataka.yamagata.jp