背景色
文字サイズ
大きくする
元に戻す

不妊治療助成事業

不妊治療費用助成について

白鷹町では、不妊治療を受けているご夫婦を支援するため、治療費の一部を助成しています。

 

一般不妊治療

特定不妊治療

内容

一般不妊治療にかかる検査・治療費用の助成

※医療保険適用・医療保険適用外を問いません。

 

男性

女性

検査

精液検査、

内分泌検査等

超音波検査、内分泌検査

子宮卵管造影検査等

治療

タイミング法、薬物療法、人工授精、

手術療法等

*入院時食事療養費、差額ベット代、文書料は対象外です。

特定不妊治療(体外受精、顕微授精)費用の助成

※県の特定不妊治療費用助成に上乗せします。

⇒対象年齢:43歳未満

回数:初めて助成を受けた時の治療開始日に

おける妻の年齢が

40歳未満…通算6回まで

43歳未満…通算3回まで

【助成回数のリセット】

出産または妊娠12週以降に死産に至った場合に、

これまでの助成回数をリセットできます。

助成額:【特定不妊治療】上限30万円

治療ステージにより上限10万円

【男性不妊治療】上限30万円

対象

以下の要件をみたす方

  • 夫婦ともに又は夫婦のいずれか一方が、白鷹町に住所がある
  • 医師により、一般不妊治療が必要であると認められている
  • 他の市町村から同種の助成を受けていない

以下の要件をみたす方

  • 夫婦ともに又は夫婦のいずれか一方が、白鷹町に住所がある【事実婚関係にある方も対象】
  • 山形県特定不妊治療費助成事業の助成承認決定を受けている
  • 1回の治療費が山形県の助成限度額を超えている
  • 他市町村から同種の助成を受けていない

助成

1年度あたり上限10万円

【特定不妊治療】

1回の治療につき上限20万円

【男性不妊治療】

1回の治療につき上限5万円

書類等

(医療機関記入)

  • 医療機関等の発行する領収書
  • 申請者名義の通帳・印鑑
  • 特定不妊治療費助成事業申請書⇒特定不妊治療申請書PDF
  • 県特定不妊治療費助成金給付決定通知書の写し
  • 申請者名義の通帳・印鑑

期間

検査・治療を終了した日から3か月以内

県の給付決定通知日の属する月の翌月末日

申請書がダウンロードできます。

お問い合わせ

健康福祉課健康推進係
母子保健事業、各種検診、予防接種、健康づくり全般に関すること
電話番号:0238-86-0210
メールアドレス:kenfuku@so.town.shirataka.yamagata.jp